オムレツのレシピ

のりたまオムレツの作り方😊

のりたまってふりかけでは定番ですが、
オムレツは聞いたことがないので作ってみました♪

材料(1人分)

  • 全卵 2個
  • 海苔の佃煮 大さじ1

作り方

まず、卵を溶いた後にあらかじめ海苔の佃煮を混ぜておきます。

海苔の佃煮が固まっているので
ダマにならないようほぐしていきま〜す♪

あとは卵を流し込んだら

かき混ぜる→卵を折り込む→ひっくり返して折り目の部分を閉じてしまう→盛り付け

といういつもの流れにはなるんですが、

海苔の佃煮を入れることによって普段と変わる点を、写真を交えて説明していきます♪

のりたまオムレツ、ここに気をつけろ‼️

  1. のりが多いと、フライパンにひっついてしくじる‼️
  2. 卵も柔らかくなる

1.のりが多いと、フライパンにひっついてしくじる‼️

まずはこちらをご覧下さい。

見るからに、右側に海苔の佃煮が偏っていますね。

中身を割ってみましょう♪

あいたたたー。😅

これでは、右側を食べた人は

「味濃ゆい‼️」

となりますし、左側はのりが無く淋しいことになってます….

このとき私は普段より小さい卵を使っていました。だから、相対的に海苔の佃煮の量が多かったのでしょう。(分量を減らすべきでした😭)

油が少なくて卵がくっつくのと、海苔が直接フライパンにひっつくのとでは全然しつこさが違います‼️

卵は少し火が入るのを諦めればすぐに外れますが、

塊の海苔がくっついたら、かき混ぜるほどに今まで直接当たってなかった海苔がフライパンにひっついてしまいます。

割合卵が多ければ、卵の層がフライパンと当たるので海苔が直接フライパンにくっつくリスクは減るのです。

2.卵も柔らかくなる

卵の親水性って聞いたことがありますか❓

卵が糖分を含むと、水分と結びつきやすくなるため、卵が柔らかくなります。

甘い卵焼きが柔らかいのは、それが理由です‼️(簡単にできるよう、水溶き片栗粉を混ぜて固まりやすくすることもできますが)

それと同じ原理で、海苔の佃煮にも糖分が含まれているため、卵自体柔らかくなります。

だから固まるスピードが少し遅くなる反面、卵を折り込む難易度も上がります。

そのことを頭に入れて作って頂くことで、ミスする確率を下げることはできます。

もちろん、1発目で完璧に仕上げるのは難しいです😅(ご覧の通り、私もしくじっております)

遅くなりました、写真で一連の流れをお見せします‼️

かき混ぜろー‼️

海苔の佃煮がまばらに散っているのがお分かりでしょうか❓

これで味にムラができることはありません♪

※今から折り込んでいくのですが、

もし折り込み方がよくわからない方はコチラ

→卵の折り込み方

ゴムベラで形を整えていきます‼️
ひっくり返したら、折り込んだ部分をくっつけるために2秒くらいじっと待つ☹️

完成でーす‼️

オムレツって基本、ご飯よりパンに合うんですが

このオムレツに関してはご飯とめちゃ合います‼️🍚😆

ブログだと静止写真ばかりなので、動画で一連の流れを見たい方はこちらからどうぞ💁‍♂️

オムレツ動画(YouTube)

↑もしオムレツ作りに役に立ちそう‼️と感じて頂けましたらチャンネル登録をお願いします🥺

最後まで読んでいただきありがとうございました(o^^o)